満員御礼:お申込を締め切りました

無料セミナー【東京開催】

「現場主導」で「組織開発」を進める方法

~組織開発のキーマンとなる人材を育成する~

seminar.jpg
【日時】  2019年10月4日(金)14:00~16:30


【会場】  KFC Hall & Rooms 両国
      東京都墨田区横網1-6-1
      都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口より徒歩0分


【対象者】 人材開発や組織開発に携わる方 
      (例:経営者、人事責任者、営業責任者、経営企画室長)


【備考】  定員:40名
      ※1社2名までお申込み可能
      ※同業者の方のご参加はお断りしております


 

概要

 
【セミナー背景】

経営者が打ち出す「戦略」、練りに練った「組織体制」、手間暇かけて導入した「人事制度や業務支援システム」。
これらのハード的側面が、「人の思考や行動習慣、集団のクセ」といったソフト的側面と噛み合わないと、成果につながらず、“もったいない”ことになってしまいます。

本セミナーでは、上記の課題解決に役立てる組織開発のアプローチを解説し、
組織開発のキーマンとなる人材を育成するためのトリガーとなる研修プログラムを
紹介します(研修プログラムの一部を体験するミニワーク・セッションも用意しました)。
人材開発・組織開発に携わる経営者・ライン長・人事セクションの方々のご参加をお待ちしています。

【以下に該当する方にはおすすめ】
◆新しいことへの挑戦事例が少なく、「変革・チャレンジ」が掛け声倒れになっている
◆次世代リーダー研修や変革プロジェクトが“やりっ放し”で次につながっていない
◆経営の想いや戦略を伝えたはずだが、現場に伝わっていない(歪んだ解釈で伝わっている)
◆組織体制や業務の仕組みを変えたが、現場の仕事ぶりが従来のままなので機能していない
◆人事評価制度や報酬制度を新しくしたが、社員のモチベーションUPにどれだけ寄与したか?

【セミナーで得られる5つのメリット(解決のヒント)】
◆なぜ経営の意思が現場に伝わらないのか?どうしたら伝わるのか?
◆経営のハード面(戦略、制度、システム)の改革を成果につなげるには?
◆社員の経営参画意欲を高めるコミュニケーション設計とは?
◆どうしたら社員はもっとチャレンジブルな行動を起こせるか?
◆時代を担うリーダーを育成したいが、どうしたら良いか?

【ポイント】
◆本社主導の組織開発ではなく、「現場主導の組織開発」の進め方をお伝えします
◆理論・手法先行の組織開発ではなく、「現場に馴染む等身大の組織開発」をお伝えします
◆「人と組織の“変わる”を応援する」をモットーに、人材開発と組織開発をブレンドした
 コンサルティング実績から得られた知見をお伝えします。

プログラム

【第1部】14:00~15:00

”つなぐ”をキーワードに進める組織開発
①第5の経営資源「関係性資源」
②現場が”変わる”因果の「はしご」
③現場主導で組織開発をリードする人材育成
講師:廣田 文將

【第2部】15:15~16:30

「チェンジリーダー育成プログラム」の紹介
①”三位一体”で進めるチェンジリーダー育成
②チェンジリーダーに不可欠な”3つの要諦”
③プログラム導入事例、体験ミニワーク
講師:中山 昌久

講師情報

廣田HR_(2).jpg

廣田 文將株式会社マネジメントパートナー 代表取締役)

流通業界で営業・バイヤー・新規事業立ち上げに従事した後、大手の研修コンサルティング機関を経て、1999年に株式会社マネジメントパートナーの創業に参画、現在に至る。社長業と同時に、人材・組織開発コンサルタントとして活躍中。
「クライアントとの伴走」「解はクライアントの現場にあり」をモットーに、「経営計画実行力の強化」「中堅企業の組織開発」をテーマに取り組んでいる。

中山HR.JPG.png

中山 昌久株式会社マネジメントパートナー 取締役)

グローバル物流企業で営業に従事した後、大手の研修コンサルティング機関を経て、研修コンサルタントとして独立。その後株式会社マネジメントパートナーに入社し、現在に至る。
「受講者1人1人に寄り添う」「受講後に現場で活かせる研修」をモットーに、「次世代リーダーの育成」「マネジメント革新」等のプログラムを多数手がける。



お問い合わせ

株式会社マネジメントパートナー
☎03-5805-3671
セミナー企画責任者:浅見 昌宏