(改訂版)研修投資が”もったいない”ことになっていませんか?~「元が取れてる」会社と「損してる」会社の違い~

DL資料「改訂版:研修投資がもったいないことになっていませんか?」.png

【概要】

人材獲得競争が激化し、働き方改革の実効が問われる昨今、いかに人材を育て生産性を高めていくかは、ますます重要な経営課題になっています。経営者から「人材は育っているか? 研修効果は上がっているか?」と問われることもあると思います。貴重なお金と時間を使って研修を実施するのですから、少しでも効果を高めたいものです。

お役立ちレポート『研修投資が“もったいない”ことになっていませんか?』は2018年4月に発行され、多くの方にご愛読いただきました。
2018年11月には、「研修効果を高めるための取り組みに関するアンケート調査」を行い調査レポートを発行しました。

その後、「研修効果を高めるため」の知見が増えてまいりましたので、「改訂版」として発行いたします。研修効果を高めるために、研修担当者としてどう考え、何をしたら良いか?実務的なヒントをお届けします。

【コンテンツ】

  1. 研修中のことばかり考えていると研修効果が高まらない
    ~研修中の事だけではなく、研修前・後のことにも目を向けよう~

  2. 研修効果を高めるための考え方①
    ~研修効果を上げている会社は「研修が主で人が育つ」とは考えていない~

  3. 研修効果を高めるための考え方②
    ~研修をどのような場と位置づけるか?(たかが10%、されど10%)~

  4. 研修効果を高めるための考え方③
    ~人材育成に関する根本的な考え方:インプット重視orアウトプット重視~

  5. 研修効果を高めるためのチェックリスト20

  6. 研修の前後でいかに上司を巻き込むか?
    ~研修を活かすも殺すも上司の関わり方次第~

  7. 研修後、受講者の現場での変化を確認する
    ~現場でどんな変化が起きているか?”やりっ放し”にせずモニタリングする~

 ※ 最後に(追加情報提供)