研修効果測定の基本と基礎④
~「行動変容測定」のポイント~
【DL資料】研修効果測定の基本と基礎④.png

【概要】

研修効果測定の方法としてよく知られているのが、カークパトリックの「4段階評価モデル」です。
これを見ていくと、レベル1~2が研修中及び研修終了直後、レベル3~4が研修終了後現場に戻ってから、と効果測定の時期つまり時間軸をも示していることが分かります。

「研修の価値は現場での活用度で決まる」とよく言われるように、受講者が学んだことを現場で活用しなければ、研修への投資は無駄だったと言わざるを得ません。そういった意味で、レベル3(行動変容の測定)は経営にとって必須の効果測定と言えます。

今回のレポートでは、このレベル3について、どのように測定すべきか?またそれはなぜなのか?についてお伝えします。

気になる方は、ぜひダウンロードの上ご覧ください!

【目次】

  1. イントロダクション
    ・現場で活用されない研修に価値はない

     ~ レベル3(行動変容測定)は経営にとって必須の効果測定項目 ~

  2. 問題提起

    ・レベル3の測定はほとんど行われていない⁉
     ~ 人事・人材開発担当と現場との関係改善が課題 ~

  3. 解決のヒント
    ①レベル3の測定を行うことが人事・人材開発の役割である
     ~人事・人材開発の役割が変化している~

    ②レベル3で測定する行動変容は研修前に設計しておく
     ~「研修ありき」ではなく「現場ありき」の効果測定とは~

    ③レベル3の設計とそれを踏まえた研修実施
     ~現場と経営層を巻き込みながら研修効果を高める~

    ④レベル3の測定フォーマット
     ~的確かつ現場で活用でき、しかも現場に負担をかけない~

  4. まとめ
    ・レベル3の測定なくして、人事・人材開発の存在意義なし