研修効果測定の基本と基礎③
-「学習度測定」のポイント-
DL資料「研修効果測定の基本と基礎③」201910.png

【概要】

研修効果測定の方法としてよく知られているのが、カークパトリックの「4段階評価モデル」です。この一連の関係性を見ていくと、レベル1によりレベル2が左右され、レベル2はレベル3を左右し、レベル3がレベル4を左右するといえます。

「レベル1とレベル2の間に相関関係はない」という研究者もいますが、社員の「学習の機会」として研修を実施している以上、レベル2が高い結果を示さなければ、研修実施の意味はありません。

では、このレベル2の「学習」について、どのように測定すべきなのでしょうか?また、それはなぜなのでしょうか?

気になる方は、ぜひダウンロードの上ご覧ください!

【目次】

  1. イントロダクション
    ・「学習」無くして「研修」無し
     ~研修が社員にとって、良き「学習の機会」となるために~

  2. 問題提起
    ・レベル2(学習)の測定は「アンケート」や「テスト」で良いのか?
     ~「行動変容」を狙う研修の測定方法は見直しが必要~

  3. 解決のヒント
    ①学習には「主体的」と「受け身」の2つのスタイルがある
     ~主体的学習の測定ポイントは「経験との関連性」~

    ②「学んだ内容」だけでなく「理由」と「活用見直し」を測る
     ~行動変容や成果創出を狙った研修のレベル2測定ポイント~

    ③レベル2測定ポイントの実務活用1
     ~学習度合いを測定する~

    ④レベル2測定ポイントの実務活用2
     ~レベル3との関係性からより学習と実践を促進する研修に改善する~

  4. まとめ
    ・あらゆる仕事が「学習の機会」になることを目指す
     ~レベル2の測定結果を活かして組織の「経験による学習」を推進する~