研修効果測定の基本と基礎②
-「研修満足度」を高めるための5つのポイント-
【DL資料】研修効果測定の基本と基礎②.png

【概要】

研修効果測定の方法としてよく知られているのが、カークパトリックの「4段階評価モデル」です。レベル1(反応)⇒レベル2(学習)⇒レベル3(行動・態度)⇒レベル4(結果)、この一連の関係性を「ドミノ倒し」に例えると、最初のドミノに相当するのが、レベル1の『反応』です。このレベル1の『反応』について、受講者が満足する研修とはどんな研修か?受講者を満足させるにはどのようなことを心がければ良いのか?

気になる方は、ぜひダウンロードの上ご覧ください!

【目次】

  1. イントロダクション
    ・「研修満足度」無くして「研修効果」無し
     ~「研修満足度」は確実に研修効果を高めるための「最初のドミノ」~

  2. 問題提起
    ・レベル1(反応)の効果を測定する「アンケート」の裏にある研修満足度向上への問題意識
     ~「どうすれば満足度が向上するか?」が分かっていない⁉~

  3. チェックポイント
    ①研修受講者は研修に「参加」ではなく「参画」できるか?
     ~一方的に提供される研修は誰も好まない~

    ②受講者の「経験」を研修で効果的に活用する
     ~研修の事前課題を活用することは学習効果を高める~

    ③研修受講者の「必要性」が学習意欲を高める
     ~「学習準備性」の重要性~

    ④研修中に受講者の「内発的動機付け」を支援する
     ~「なぜこれを学ぶのか?」が分かれば学習意欲が高まる~

    ⑤「これは現場で活用できる!」という心理が学習意欲を高める
     ~「研修のための研修」にするか?or「役に立つ研修」にするか?~

  4. まとめ
    ・研修受講者の「研修満足度」を高めることが研修効果を高めるための「最初のドミノ」